広島 逸品

化粧筆の種類

伝統工芸熊野筆 メイクブラシ

このくらいの種類のメイクブラシがあれば、かなり高度なメイクが可能です。
しかし、予備知識も無くこのようなセットを入手したとすれば、使い分けに困るかもしれません。

例えば「絵を書く」ことを思えば、書きたい「絵」のレベルに応じた筆を使うことは容易に想像がつきます。
高度なテクニックを駆使するならば、少数の筆で多様な表現が可能かもしれません。
しかし、テクニックを補うために最適な筆を使う方が、仕上がりも良く、時間短縮になります。 逆に、高度なテクニックを生かすために、多種類の筆を駆使する場合もあるでしょう。 ですからシリーズによっては、用意していない種類の筆もあります。
また、色を使い分けるために、同じ種類の筆を色の数だけ増やすこともあります。 リップブラシやシャドウブラシは、そうした傾向の筆です。

いずれにせよプロのアーティストは筆の種類を知り、それを使い分けています。 「手早く、最高の仕上がり」を求められるのプロの仕事ですから、それを知ることは 貴女のメイクも間違いなくランクアップするはずです。

メイクブラシの使い分け

フェイスブラシ フェイスブラシ トップ(穂先)が一番大きく毛量もあるのがフェイスブラシです。
その肌触りで、品質が顕著にあらわれます。
チークブラシ チークブラシ チークが苦手な方は多いようです。しかも方法は多彩です。
好みに応じて形や大きさを選んで下さい。
シャドウブラシ シャドウブラシ アイシャドウは流行に敏感で、色使いも複雑です。
発色の良い、専用(色調)のブラシをお薦めします。
シャドウライナー シャドウライナー その微妙なトップ(穂先)は、肌への負担を少なくしつつ、
しかも自然なラインを描く事が出来ます。
アイライナー アイライナー 使いこなすにはテクニックが必要ですが、目元を引きたてるためには必要なブラシです。
アイブローブラシ アイブローブラシ 眉を手早く仕上げるために必要なブラシです。肌に優しく、しかもしっかり描く事が出来ます。
コーム&ブラシ コーム&ブラシ 眉のお手入れとともに、ナチュラルな眉であれば、これ一本で仕上げることが出来ます。
フィニッシュブラシ フィニッシュブラシ パウダーメイクを引き立たせるブラシです。
リップブラシ リップブラシ いわゆる紅筆です。ラインを描く、ゾーンを塗るなど、
魅力的な口元を演出するには必要なブラシです。

フェイスブラシ・パウダーブラシ

化粧筆と聞いてイメージするのが、このジャンルだと思う。
実際、「買って良かった」と、一番納得できるのが、このタイプである。
個人的にも、最初の一本として推すタイプである、なぜか?

御存知だろうか?化粧をした直後より、時間が経ってから、美しく魅せる女性が多いことを。
というより多くの場合、化粧直後は「不自然」に映る場合が多いのだ。
これは案外、本人には気がつかない。(もっとも、写真で気がつく場合はある。特にフラッシュ撮影時など)

前にも述べたように、メイクの基本はグラデーションにある。
簡単に言えば「上手にぼかす」ことにある。
すぐにでもメイクのレベルアップを望むなら、このジャンルのアイテムを使えばよい。
日常的にメイクしている女性ならば、ファンデーション、アイメイク、チーク、と一応のステップがあるはずだ。 それを変える必要はない。ただ、最期の仕上げに使えばよいのだ。

その繊細なトップ(穂先)は、化粧品の粒子を自然に肌に馴染ませてくれる。
その優しいトップ(穂先)は、貴女の心を癒してくれる。 ほんの数分で、美しくなった自分を発見できるはずだ。

さて、選び方である。
フェイスブラシ、パウダーブラシなどメーカーによって名称は様々である。 価格にも幅がある。
しかも、同じシリーズの中では、一番高価なはずだから慎重に選びたいものだ。

ところで最近の化粧品は「微粒子」を、特徴とする商品が多い。自然な仕上がり、肌への負担軽減が目的である。
もし貴女が、それに共感して高いランクの化粧品を購入しているならば、 フェイスブラシもハイエンドから選択するべきである。両者の相乗効果で、さらにレベルの高い仕上がりが期待できる。

もうお分かりであろう?
その微粒子のポテンシャルを発揮させるのは、唯一、クオリティの高いメイクブラシだけなのだ。
その意味で、ここに紹介する商品は、いずれも期待を裏切ることはない。

化粧筆の種類一覧へ

使い方は簡単。いつものメイク、仕上げに馴染ませて下さい。

チークブラシ

さて、多少の想像をしてほしい。

素敵な女性のイラストを書く場合、たいてい、斜めに描くのではないか? とういうか、正面では描きにくい。
それは、鼻が表現出来ないからである。 言い換えれば立体感が出ないからである。
顔の輪郭と、鼻のラインさえを(その高さ、形を意識して)描けば ごく自然に、望みどうりの、立体感が描けるはずだ。
もっと完成度を上げようと思えば、デッサンのように装飾線、つまりグラデーションを加えれば良い。
カラーで描くなら、色を使い分けて表現すれば、さらに素敵な作品となる。

ところで当然の事ながら、自分でメイクする場合には、鏡に対して斜めには向き合わない。 正面で相対するはずだ。
つまり、そこに映る貴女の顔は、単純に二次元上で、正面からのショットなのだ。

先のイラストを思い出して、そのグラデーションが、 自分の顔で、どの部位になるのか?指で顔に触れて、実際に確認することをおすすめする。 おそらく、イラストでは陰影を表現している部位を、実際のメイクでは手をかけていないことに気付くと思う。 顔の立体感を出す為に、チークが重要だと理解いただけるであろうか?

そしてチークは、理論的に問題がなければ(カラーの選択は、別の機会にのべる)、 技術的要因で不自然な仕上がりとなり、立体感も出ない。塗布したカラーパウダーが適量でなければ、意図したグラデーションは実現しない。

「色がつかない・・・」「効果が出ない・・・」と苦労していると・・・ 急に、大量の色がついてしまう。。。
それは、化粧品の品質、あるいはブラシの性能で左右される症例であるから、良いメイクブラシが必要なのだ。

良いブラシであれば、少ないアクションでパウダーを含むことが出来る。
良いブラシであれば、思いどうりに描くことが出来る。
そして何よりも、肌への負担が少ないのだ。

化粧筆の種類一覧へ

チークを決めて、メイクのランクアップ。

シャドウブラシ

目元の表情は、重要である。

イラストを描くにせよ、重要な場所である。手間もかかるが、それに見合った成果もある。 ましてや現実、女性の瞳に魅了される男性が殆どなのだ。
しかし目は、人間の重要な機能パーツでもある。デリケートな場所なのだ。 だからこそ、肌に優しい化粧筆を・・・・と、単純には述べない。
現実には、スポンジチップや綿棒などのアイテムも存在するから・・・だ。


では、この局面で、化粧筆としてのアドバンテージは?
簡単に言えば、「書き(描き)味」である。表現の可能性である。 一回の動作で、むらなくカラーを伸せる。 ポイントカラーを、意のままに加えるなど、画筆ならば当然の事は、化粧筆でも可能なのだ。
とはいえ、ある程度のスキルがないと、使いこなせないかもしれない。


積極的にファッションに興味があり、アイメイクも流行を意識しているのなら 是非とも使って欲しいと願うのみである。 その場合は、アイホールにフィットする一本と、ポイントカラー用の細身の一本が、基本であろうか・・・
まずは、試してみる価値は十分にある。

化粧筆の種類一覧へ

アイメイクは、貴女の印象を決定づけます。

シャドウライナーブラシ

さすがに種類が限られてくるのが、このジャンルかもしれない。

ニーズが少ないというか、代替品があるというか。 実際、化粧品メーカーはユーザーに扱い易い商品を展開しており、 別途に道具(メイクブラシ)を揃えなくても使えるアイテムが多いからであろう。
というべきか・・・同業他社メーカーでも、意図するブラシの使い分けに差があり、 製品ラインナップも統一感がないため、特にアマチュア方が選ぶ理由は乏しい。 そして使いこなすには、やはりある程度のスキルが必要かと思う。

いずれにせよ、アイメイクのテクニック自体が多種多様であり、ブラシ選びも難しいジャンルである。
大きな声では言えないが、贈答品が死蔵される場合は、 このジャンルのブラシではないかと想像してしまう。

化粧筆の種類一覧へ

アイメイクは、貴女の印象を決定づけます。

アイライナーブラシ

「習字」が生活の場から遠のいて、「面相筆」を知らない方も増えたが御覧のように極細の筆である。
細く少ない毛量であるから、職人の技が露骨に出る。高品位な商品は、明らかに違う。
同様に、アイライナーも匠の技が光るブラシである。

市場を見ると、このジャンルのブラシは商品が少ない。 代替品がありニーズも少ないという理由の他に、品質管理が困難なのかと推察してしまう。 つまり作るのも、使いこなすのも相応のスキルが必要な化粧筆である。

しかし、「筆ペン」タイプのライナーでは繊細なラインが出ない(太すぎる)にもかかわらず、 ラインを多用する方には使っていただきたいと願う。

化粧筆の種類一覧へ

アイメイクは、貴女の印象を決定づけます。

アイブロウブラシ

眉こそ悩み多きパーツです。

しかも、その仕上がりひとつで全体の印象が変わります。 そして、本来のコンディションも千差万別です。
そのステップは、まず整えることから始まり、描き込むことで完成します。

伝統工芸品、熊野化粧筆の「アイブロウブラシ」
ちなみに、斜めの部分… 斜めにカットするのではなく、斜めに仕立てるのです!
だから眉にも優しく、キレイにぼかすのも簡単なのです。

化粧筆の種類一覧へ

眉にも優しい、熊野化粧筆アイブロウブラシ。

コーム&ブラシ

眉の手入れに、基本のメイクブラシです。

眉をとかす、眉をカットする、描いた眉を整える。
貴女のメイクに欠かせないアイテムです。

化粧筆の種類一覧へ

眉のお手入れにはコーム&ブラシ。

フィニッシュブラシ

より正確には扇形フィニッシュブラシである。

パウダーを『払う』ことに特化したブラシであり、ニーズは限られる。
パウダーファンデーションが、肌に馴染んでしまう前に一気に払う、
あるいは目の周りなど正確に(隅に溜めないように)払うなどには最適である。

化粧筆の種類一覧へ

レアなアイテムです。

リップブラシ

紅筆。つまり口紅のためのブラシ。

化粧品メーカーは、積極的に「新色」を発表しています。 それを追うのもよい、しかし定番の色は決めておきたい。
そして、その何色かのためには専用のブラシを用意したいものです。
良いブラシであれば口紅の含みも良く、しかもシャープなラインも簡単です。
また、一度ブラシに載せることにより、発色が良いものです。

化粧筆の種類一覧へ

口元は、貴女を印象づけます。

伝統工芸熊野筆

アベックプレジールは熊野筆です

伝統工芸品として現在、日本国内の筆の生産は、奈良市、愛知県豊橋市、東京、 そして広島県の 熊野町 と川尻町などでつくられています
なかでも熊野町の筆の生産は全国の8割を占めており、 また、昭和50年には毛筆産業としては初めて「伝統的工芸品」の指定を受け、 ある種のステータスをもって『熊野筆』と呼称されてます。

写真1:伝統工芸品「熊野筆」

筆づくりの技術者を昔から筆司(ふでし)と呼びます。

熊野には約2000人もの筆司がいますが、その中で、 全国の書道家の特注品を手がけるような選りすぐりの筆司23人が伝統工芸士の認定を受けています。 近年はそうした職人がメディアに紹介されることも多く、 その匠の技に感動された方も多いでしょう。
ところで筆づくりは、そのほとんどんの工程が手作業です。いわゆる手工業です。 原毛を加工して選別して筆の材料とするまでの工程には、さらに多くの職人の技を必要とします。

書家向けのオーダーメイドも含む書筆(書道用の筆)のメーカーが、満を持して送るメイクブラシです。

お客様の声をフィードバックする熊野筆 ある程度の大量生産を前提にした商品の場合、この名も無き職人達による作業で筆づくりは分業化されています。
そして実はあまり知られていないかもしれませんが、毛筆(書筆)づくりの工程数は(それが高級な商品ほど)多く て手間がかかります。
比較すればメイクブラシの工程数は少ないのです。アベックプレジールのメイクブラシは毛筆づくりの職人たちが、その高い錬度を駆使して送り出すメイクブラシです。

天然素材(自然毛)の特性を熟知

天然素材(自然毛)の特性を熟知した熊野筆 伝統工芸熊野筆の名声は書家に拠るものです。 書家の厳しい目が、現在の熊野筆まで進化させたといっても良いでしょう。
それは基本的にオーダー品、素材も、技術も、最高を求められます。
その最高峰の筆職人を擁するのが、このアベックプレジールなのです。彼らは妥協という台詞を知りません。 毛先の一本一本まで目視と触感、そして長年の経験を駆使して作り上げるのです。

そこには商売意識は欠落しており、見栄えやコストのために毛先をカットすることはあり得ないのです。

素材の安定供給システムを整備

素材の安定供給システムを整備した熊野筆 伝統工芸品と標榜する熊野筆ですが、実は素材を輸入に頼っているのが現実です。
古き良き時代は、もちろん国内産の素材でした。 そして達人の技は、素材の一次加工から最終仕上げまでの全てです。 しかし素材が天然資源(自然毛)である以上、天然資源の豊富な地域でないと良質の素材は得られません。


アベックプレジールが天然素材の産出地に自社工場を持つのは、 素材の選択も、一次加工も、それは熊野筆の重要な工程であると判断したからです。 また、天然素材は季節や気候など環境要因にも敏感です。 そうした意味でも、自社ルートを持つアベックプレジールのアドバンテージは大きく、 お客様の立場からすれば(見かけでは分からないかもしれませんが)「安心の品質を適正価格」で、 手にすることが可能になりました。

お客様の声をフィードバック出来る開発体制

『 言うてくれりゃぁ〜、どがいな筆でも作るけぇ 』
(依頼主の注文さえあれば、どんな筆でも作りますよ)
そう豪語する毛筆職人が作る筆、化粧筆、メイクブラシです。
そしてオーダーするのは、他でもない貴女なのです。 その豊富なラインナップは、お客様の様々な声から生まれ、常に進化しています。

3Dトップテクノロジーは筆の既成概念を超えます

特に意識しなくても、最適なタッチが得られます。

その道のプロに支えられて、熊野筆の地位があります。
プロの意思を裏切ることなくプロの創造をアシストする、 それが伝統工芸熊野筆の価値です。

ところでプロの技量とは、筆(穂先・トップ)を絶妙にコントロールすることです。
それは「筆づかい」とか「筆さばき」などといわれており、作品のタッチを決定づける要因です。
そしてそれは書道でも、絵画でも・・・メイクでも同じです。

しかし、メイクには大きな違いがあります。それは、メイクのキャンバスが平面ではないことです。
つまり顔は、立体的な3D造形だということです。

立体的な顔に、従来どうりの筆(穂先・トップ)は最適なのか? そして、

メイク専用の『筆(穂先・トップ)』が開発されました。

「ラ・マジィ」 3D造形された化粧筆

使い分けるのはブラシの種類ではなく、ブラシの部分です

プロの筆さばきを1本のブラシで実現します

ラ・マジィ 1)粉(粒子・パウダー)をのせる
2)なじませる(ぼかす・グラデーション)
3)質感を出す(フィニッシュ)

素敵なメイクは、こうしたテクニックで表現されます。
それは本来、筆使いと筆の使い分けで、実現します。

しかし『ラ・マジィ(3D造形された化粧筆)』を使えば、一本のブラシでも、トップ(毛先)の部分によって、 簡単に最適なタッチが使い分けられます。

Avec Plaisir

まずはフェイスブラシをお勧めします

AP710m ラ・マジィ この3D造形されたメイクブラシは『ラ・マジィ』と命名されています。

お勧めは3D フェイスブラシ です。

もともとフェイスブラシは、パーソナルユースでイチオシのブラシです。
いつもどうりのメイクを行い…最後にフェイスブラシで馴染ますことにより、 ナチュラルな質感が得られるのですが、通常のフェイスブラシでは立体感が出にくいこともあります。

馴染ますテクニック、つまりグラデーションテクニックは顎・首へのセクションでは効果的ですが、 チークラインやアイメイクなどを崩しすぎるリスクもあります。 そうしたケースでは、「力加減を修正する」「ブラシの種類を変える」のが通常ですが、 『ラ・マジィ』であれば、使う部分によって違うタッチが可能です。 つまりテクニックを駆使しなくとも、ブラシの種類(所有)を増やさなくても対応が可能なのです。

店頭でも最初の一本に紹介しています。大半の方はこの一本をまず使いこなしてから後、 メイクのスキルやレベルの向上に応じて、その他のブラシを買い増しされています。

Avec Plaisir

アマチュアの方が苦手なチークも簡単です

AP720m ラ・マジィ 多くの方はチークが苦手です。

入れ方が分からない、入れる場所が分からない、上手に描けない。 例え本職の方に入れてもらっても。。ピンと来ない。。。

しかし、チークが決まればメイクの仕上がりは大きく変わるのも確かです。 そこで、チークを大事に考えてメイクをする方には3Dトップのチークブラシをお勧めします。

きっと、あなたのイメージどうりに。。。しかも手軽にチークが決まります。

3Dトップテクノロジーは筆の既成概念を超えます

熊野筆は、素材の1本1本を大切にします。どの筆も毛先はカットしません。
「毛先から揃えて造形する。」
それが基本です。

そのため、デザイン的な自由度は低かった。丸い筆、平らな筆、太い筆、細い筆。。。
そして、せいぜい毛先がナナメの筆。

これが「刷毛」であれば、話は簡単です。
刷毛は、素材の根元を固定して、毛先をカットして仕立てます。庭木の刈り込みをイメージすれば分り易いでしょう。
しかし、肌に直接触れるメイクブラシ(化粧筆)としては、致命的な弱点となります。
切ったり、剃ったりした毛がチクチクするのは、誰しも分かることです。

3D造形された熊野化粧筆

ラ・マジィ この微妙な造形は勿論、毛先から整えて仕立てたカタチです。
アウトラインの微妙なアールは、プロの筆さばき・筆使いを解析したカタチ。

だから、どなたでも簡単に、手先の力の入れ具合・強弱を気にすることなく、微妙なグラデーションが再現できます。

そして、その3Dテクノロジーは、もっと複雑な造形を可能にしました。